読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KURAHASHI blog

デジタルな時代にあえて手書き、書道などアナログな感覚を大切にするグラフィックデザイナーのブログ www.classica-design.com

2017仕事初め  

f:id:ky72yk:20170105103442j:plain

 

ここんとこあまり間隔空けずに書を書いてブログにアップできてる

 

のはいいことだけど、イマイチ自分の書の形が見つからない。。。

 

実は始めたばかりではなく何年もずっと書いてはいるのだけど

 

個性的でオリジナルティのある書を書きたいものです。

 

うまく書こうとすると、結果気に入ったものができればテンションが上がるが、

 

下手に仕上がると凹む。。。

 

だからうまく書こうとせず、墨が紙に馴染む様、筆運び、墨の香り等

 

書いているプロセスを楽しもうと思う。

 

きっとこのことって書だけでなく何でも言えることなのかもしれないな。

 

ダイエットとか、筋トレとか、仕事とか、人間関係とか、とか、とか。

 

 

暦01

f:id:ky72yk:20170104113202j:plain

冬至 末侯「雪下出麦」
雪の下で麦が春を待ちわびて
密かに芽吹いているのだそう。

我々も正月休み力を蓄え、益々上向きにいきたいものです

2017新年

f:id:ky72yk:20170101122755j:plain

2017新年

 

あけましておめでとうございます。

 

みなさんにとって、一つの点が大きな広がりをみせる

 

拡大した一年になることを願っています!

 

それにしても年賀状、たくさんいただきますが

 

ひとことでも手書きで添えてあると気持ちが伝わり

 

うれしいものですねー!

 

よい一年に!

 

初めブログ

f:id:ky72yk:20161128205154j:plain

初めてブログと言いましたが、実は2度目。

1度目は途中でやめ。

なんとなく書を書いてアップしてましたが飽きてしまいました。

しかし、どこかでブログをやることが気になっていて再度チャレンジします。

また止めるかもしれないですが。

 

仕事はグラフィックデザイナーをやっていてパッケージにかなり興味があります。

あと、手書きや手仕事にかなり興味あり。アナログが好きなのです。

 

今やスマホなどでLINE等のSNSでコミュニケーションが簡単に取れ便利といえば

便利なのですが、どこか物足りない感じがします。

悪いことではないですが、やはり手書きの手紙のやりとりって、温かみがあって

嬉しいものではないかと思うのです。

 

そろそろ年賀状のことを気にしなければならない時期になりましたが、やはり手書きが

いいですね。ワープロ打ちではどこか寂しい。

 

下手な字でもありのままの気持ちがストレートにつながる気がしませんか。

その人の人となりが伝わるというか。

 

何枚も年賀状を書くのは疲れますが、住所はともかく一言ぐらいは、

新年の挨拶ぐらいは手書きでいきませんか?

 

ITな時代だからこそアナログの“アジ”にこだわりたいと思うのです。

 

ちなみ「雷乃発声」は暦の二十四節気・七十二候のひとつ。

この時期とは関係ありません。。。